スペイン・パラグアイ・アルゼンチン・ブラジルへのサッカー留学・お申し込みはサッカープラネットまで
info@soccerplanet-jwt.com
<< パラグアイ2部 第18節 | main | パラグアイ2部 第19節 >>
パラグアイ留学を終えて
23日に2月から10月までの8ヶ月に及ぶパラグアイ留学を終え、25日に日本へ帰国しました。
自分の力不足で試合出場機会は少なかったですが、日々の練習で常に結果を出さなければならない緊張感や40人以上いるライバルとのポジション争いは、今後サッカーを続けていく上で非常に意味のあるものでした。

パラグアイは寒い時期は少しありましたが、基本暑い日が続きます。まずはその暑さに慣れることが先決で、自分自身慣れるには少し時間が必要でした。
サッカーはDFラインは危ない場面では無理せずFWへロングボールを蹴り、FWはドリブルで抜くというより簡単に味方にパスを出してゴール前へ行き、味方も中から攻めるよりもサイドを重点的に使うのをよく見かけました。
それは07〜08シーズンに経験したドイツと似て、余り細かいことはせず一番効率の良い方法でゴールを目指すサッカーでした。

この8ヶ月間の留学を無駄にしないよう、来シーズンも頑張ります。まだ決まっていませんが、またパラグアイでプレーしたいと考えています。
パラグアイは南米のどの国よりも、ヨーロッパよりも『プロサッカー選手』になれるチャンスがある国だと思いますから。

野本 祐樹




渡辺家でお別れ会をしてもらいました
| 留学生その後・・・ | 12:07 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ryugaku.soccerplanet-jwt.com/trackback/998588
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


トライアウト
SOCCER PLANET 留学
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
PROFILE
RECENT COMMENT
LINKS
ARCHIVES
RECOMMEND
フランク・ライカールト―狂気を秘めた人格者
フランク・ライカールト―狂気を秘めた人格者 (JUGEMレビュー »)
サッカープラネット,山名 洋子,トニー・フリエロス
サッカープラネットにて翻訳監修いたしました。ライカールトの選手時代や監督時代のことが詳しく書かれた彼の魅力が一杯詰まった内容となっています。
RECOMMEND
僕たち「海外組」がホンネを話した本―フロンティア精神に学ぶ世界で勝つためのサッカー論
僕たち「海外組」がホンネを話した本―フロンティア精神に学ぶ世界で勝つためのサッカー論 (JUGEMレビュー »)

Jリーグと海外サッカーの両方の経験者である選手、指導者に、海外リーグの状況や当時の生活状況、育成方法、Jリーグとの違いなどについてインタビューした本。
廣山望と福田健二がサッカー文化の奥深さを語っています。
RECOMMEND
RUN
RUN (JUGEMレビュー »)
小宮良之
亡き母の遺書を胸に、サッカー選手となった福田健二。彼を支えたのは家族であった。海外で闘い続けるストライカーの迫真のノンフィクション。
RECOMMEND
ジーコジャパン 11のブラジル流方程式
ジーコジャパン 11のブラジル流方程式 (JUGEMレビュー »)
田崎 健太, PLACAR
ジーコ以外にもドゥンガやソクラテスらの最新インタビューも収録されています。
RECOMMEND
此処ではない、何処かへ―広山望の挑戦
此処ではない、何処かへ―広山望の挑戦 (JUGEMレビュー »)
田崎 健太
日本人として初めてリベルタドーレス杯に出場した廣山選手の紹介。パラグアイはセロ・ポルテーニョに所属し、その後も世界を渡り歩いた。