スペイン・パラグアイ・アルゼンチン・ブラジルへのサッカー留学・お申し込みはサッカープラネットまで
info@soccerplanet-jwt.com
<< パラグアイ2部 第15節 | main | 元パラグアイ代表ゴールキーパー チラベルト >>
ワールドカップ南米予選 第17節 対ベネズエラ戦
パラグアイはすでにワールドカップ出場を決めているのですが、予選を1位で突
破することを目標にこの試合を勝ちに行きました。対するベネズエラは予選突破
のためには勝利が義務付けられていました。

試合は開始からパラグアイが落ち着いて中盤でボールを回しながら制し、ゴール
チャンスも2度ありましたが決めることは出来ませんでした。 ベネズエラも前
半終了間際にパラグアイGKのフスト・ビヤルと1対1になる場面がありましたが
、シュートはゴールを大きくそれました。

後半もパラグアイが圧倒し後半10分にはサルバドル・カバニャスがカウンター
でオスバルド・マルティネスからもらったパスを左サイドからのシュートで先制
点を決めました。

その後FWのサルバドル・カバニャスとネルソン・アエドとの交代でオスカル・カ
ルドソとエドガル・ベニテスが入り、この二人が追加点を決めました。 
エドガル・ベニテスが右サイドでボールをもつと3人のベネズエラDFを引き寄せ
、フリーになったオスカル・カルドソにパスを出し、左サイドからの直接シュー
トが決まって2−0。

負けると予選敗退が決まるベネズエラがその後懸命に攻め、終盤にはペナルティ
ーキックを得るもGKのフスト・ビヤルがゴールを阻止しましたが、その後、後半
40分にベネズエラがゴールを決め、2−1で試合終了しました。

パラグアイはこの勝利でブラジルと勝ち点で並びましたが、得失点差で2位です


その他の試合の結果は次のとおりです。

ホーム − アウェー (結果)
アルゼンチン − ペルー (2−1)
エクアドル − ウルグアイ (1−2)
コロンビア − チリ (2−4)
ボリビア − ブラジル (2−1)

チリはワールドカップ出場を決めました。
ベネズエラとコロンビアは予選敗退が決まりました。
アルゼンチン、ウルグアイ、エクアドルが残りの1.5枠を争います。

次の最終節ではアルゼンチンがウルグアイと対戦、エクアドルはチリと対戦しま
す。

南米は4位までがワールドカップに直接出場し、5位が北中米の4位とプレーオフで
出場権を争います。

順位
1)ブラジル 勝ち点33 9勝6分2敗 得失点差+22
2)パラグアイ 勝ち点33 10勝3分4敗 得失点差+10
3)チリ 勝ち点 30 9勝3分5敗 
4)アルゼンチン 勝ち点25 7勝4分6敗
5)ウルグアイ 勝ち点24 6勝6分5敗
6)エクアドル 勝ち点23 6勝5分6敗
7)ベネズエラ 勝ち点21 6勝3分8敗
8)コロンビア 勝ち点20 5勝5分7敗
9)ボリビア 勝ち点15 4勝3分10敗
10)ペルー 勝ち点10 2勝4分11敗

渡辺一富 

またエジプトで開催されているU20ワールドカップの決勝トーナメント1回戦でパラグアイは韓国と対戦し0-3で敗れました。

| 渡辺の現地発信NEWS | 16:08 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ryugaku.soccerplanet-jwt.com/trackback/995160
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


トライアウト
SOCCER PLANET 留学
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
PROFILE
RECENT COMMENT
LINKS
ARCHIVES
RECOMMEND
フランク・ライカールト―狂気を秘めた人格者
フランク・ライカールト―狂気を秘めた人格者 (JUGEMレビュー »)
サッカープラネット,山名 洋子,トニー・フリエロス
サッカープラネットにて翻訳監修いたしました。ライカールトの選手時代や監督時代のことが詳しく書かれた彼の魅力が一杯詰まった内容となっています。
RECOMMEND
僕たち「海外組」がホンネを話した本―フロンティア精神に学ぶ世界で勝つためのサッカー論
僕たち「海外組」がホンネを話した本―フロンティア精神に学ぶ世界で勝つためのサッカー論 (JUGEMレビュー »)

Jリーグと海外サッカーの両方の経験者である選手、指導者に、海外リーグの状況や当時の生活状況、育成方法、Jリーグとの違いなどについてインタビューした本。
廣山望と福田健二がサッカー文化の奥深さを語っています。
RECOMMEND
RUN
RUN (JUGEMレビュー »)
小宮良之
亡き母の遺書を胸に、サッカー選手となった福田健二。彼を支えたのは家族であった。海外で闘い続けるストライカーの迫真のノンフィクション。
RECOMMEND
ジーコジャパン 11のブラジル流方程式
ジーコジャパン 11のブラジル流方程式 (JUGEMレビュー »)
田崎 健太, PLACAR
ジーコ以外にもドゥンガやソクラテスらの最新インタビューも収録されています。
RECOMMEND
此処ではない、何処かへ―広山望の挑戦
此処ではない、何処かへ―広山望の挑戦 (JUGEMレビュー »)
田崎 健太
日本人として初めてリベルタドーレス杯に出場した廣山選手の紹介。パラグアイはセロ・ポルテーニョに所属し、その後も世界を渡り歩いた。