スペイン・パラグアイ・アルゼンチン・ブラジルへのサッカー留学・お申し込みはサッカープラネットまで
info@soccerplanet-jwt.com
<< パラグアイU-23 オリンピック予選 まもなく | main | 東京オリンピック 南米予選開幕! >>
パラグアイ 若手選手のプレー環境

JUGEMテーマ:南米サッカー

今回はパラグアイの若手選手育成について触れてみます。

 

まず、2020年パラグアイではトップチームの他に下部組織としてU-15,16,17,18,そしてU-23のリーグが開催されます。

また、現行のルールのままであれば、トップチームの試合でも1部の試合では必ずスターティングメンバーに10代の選手を入れなければなりません。

2部では20歳以下の選手を3名起用することが義務付けられています。

 

1部リーグの外国人選手枠が4名から5名に増えるなど、リーグのレベルを上げる試みがされている一方、若手選手の育成にもリーグとして力を入れています。

 

当然、U-23のチームで試合に出ながら結果を残せばトップチームの試合に召集されることも大いにありえます。

反対に、トップチームで練習を積みながら、試合では出場時間を確保するためにU-23で多くプレーする場合もあります。

 

弊社のパラグアイ留学では、練習参加をしながら現地スタッフが実力やプレースタイルを見極め、

適切なクラブの適切なカテゴリーのチームへの入団が叶うようにサポート致しております。

 

 

1部で優勝したOlimpiaの下部組織の練習場

 

2部所属Sportivo Trinidenseが試合・練習で使用するスタジアムとロッカールーム。

 

 

| Futbol Paraguayo | 13:16 | comments(0) | -
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>


トライアウト
SOCCER PLANET 留学
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
PROFILE
RECENT COMMENT
LINKS
ARCHIVES
RECOMMEND
フランク・ライカールト―狂気を秘めた人格者
フランク・ライカールト―狂気を秘めた人格者 (JUGEMレビュー »)
サッカープラネット,山名 洋子,トニー・フリエロス
サッカープラネットにて翻訳監修いたしました。ライカールトの選手時代や監督時代のことが詳しく書かれた彼の魅力が一杯詰まった内容となっています。
RECOMMEND
僕たち「海外組」がホンネを話した本―フロンティア精神に学ぶ世界で勝つためのサッカー論
僕たち「海外組」がホンネを話した本―フロンティア精神に学ぶ世界で勝つためのサッカー論 (JUGEMレビュー »)

Jリーグと海外サッカーの両方の経験者である選手、指導者に、海外リーグの状況や当時の生活状況、育成方法、Jリーグとの違いなどについてインタビューした本。
廣山望と福田健二がサッカー文化の奥深さを語っています。
RECOMMEND
RUN
RUN (JUGEMレビュー »)
小宮良之
亡き母の遺書を胸に、サッカー選手となった福田健二。彼を支えたのは家族であった。海外で闘い続けるストライカーの迫真のノンフィクション。
RECOMMEND
ジーコジャパン 11のブラジル流方程式
ジーコジャパン 11のブラジル流方程式 (JUGEMレビュー »)
田崎 健太, PLACAR
ジーコ以外にもドゥンガやソクラテスらの最新インタビューも収録されています。
RECOMMEND
此処ではない、何処かへ―広山望の挑戦
此処ではない、何処かへ―広山望の挑戦 (JUGEMレビュー »)
田崎 健太
日本人として初めてリベルタドーレス杯に出場した廣山選手の紹介。パラグアイはセロ・ポルテーニョに所属し、その後も世界を渡り歩いた。