スペイン・パラグアイ・アルゼンチン・ブラジルへのサッカー留学・お申し込みはサッカープラネットまで
info@soccerplanet-jwt.com
<< 廣山選手のインタビューがありました。 | main | パラグアイに着いた初日の印象・・・ >>
到着しました
フランクフルト発、チューリッヒ、サンパウロ経由でアスンシオン入りの日程でしたが、
いきなり大雪でフランクフルトの滑走路が4時間閉鎖され、チューリッヒに着いたのが
結局夜中の2時。 
 サンパウロ行きはもう行った後でした。仕方なく1日遅れのサンパウロ行きに乗りアスンシオン入りすることができました。

 ドイツを出た時の気温が氷点下5度、地方によっては氷点下20度であったこともあり、
真夏のアスンシオンとの気温の変化にまず驚きました。
 
 
 ドイツで一度経験した事ではありましたが、スペイン語という言葉の壁にも躊躇したのも事実。
 その言葉の壁を感じながらも、寮のスタッフの方々に温かく受け入れられどうにか、自分の居場所を見つけることができそうです。 

まずは、言葉の壁を超えたいです。

 
| 異文化体験 | 19:21 | comments(0) | -
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>


トライアウト
SOCCER PLANET 留学
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
PROFILE
RECENT COMMENT
LINKS
ARCHIVES
RECOMMEND
フランク・ライカールト―狂気を秘めた人格者
フランク・ライカールト―狂気を秘めた人格者 (JUGEMレビュー »)
サッカープラネット,山名 洋子,トニー・フリエロス
サッカープラネットにて翻訳監修いたしました。ライカールトの選手時代や監督時代のことが詳しく書かれた彼の魅力が一杯詰まった内容となっています。
RECOMMEND
僕たち「海外組」がホンネを話した本―フロンティア精神に学ぶ世界で勝つためのサッカー論
僕たち「海外組」がホンネを話した本―フロンティア精神に学ぶ世界で勝つためのサッカー論 (JUGEMレビュー »)

Jリーグと海外サッカーの両方の経験者である選手、指導者に、海外リーグの状況や当時の生活状況、育成方法、Jリーグとの違いなどについてインタビューした本。
廣山望と福田健二がサッカー文化の奥深さを語っています。
RECOMMEND
RUN
RUN (JUGEMレビュー »)
小宮良之
亡き母の遺書を胸に、サッカー選手となった福田健二。彼を支えたのは家族であった。海外で闘い続けるストライカーの迫真のノンフィクション。
RECOMMEND
ジーコジャパン 11のブラジル流方程式
ジーコジャパン 11のブラジル流方程式 (JUGEMレビュー »)
田崎 健太, PLACAR
ジーコ以外にもドゥンガやソクラテスらの最新インタビューも収録されています。
RECOMMEND
此処ではない、何処かへ―広山望の挑戦
此処ではない、何処かへ―広山望の挑戦 (JUGEMレビュー »)
田崎 健太
日本人として初めてリベルタドーレス杯に出場した廣山選手の紹介。パラグアイはセロ・ポルテーニョに所属し、その後も世界を渡り歩いた。