スペイン・パラグアイ・アルゼンチン・ブラジルへのサッカー留学・お申し込みはサッカープラネットまで
info@soccerplanet-jwt.com
留学生へのアドバイス
 パラグアイでプロを目指すのであれば、パラグアイのサッカーに適応することが必要です。

 その手段のひとつとして、実際の試合を観戦することをお勧めします。
TVでも試合は見れますが、やはりスタジアムで見ると視界が大きく開け、吸収するものが違ってきます。パラグアイだとチケット代も3ドル程度と安いですし。

 そして、自分の所属するクラブのトップチームの試合を観戦すれば、クラブの目指すところがわかるので下部リーグでの自分のプレーの参考にできますし、たまたまスタジアムで会ったりするクラブの会長や自分の監督に熱意を伝えることにもなります。

 また、現地選手との話のネタにもなり、コミュニケーションを円滑にする効果もあるでしょう。


 バルセロナやミランの試合をTVで観戦するよりも、留学したあなたたちに必要なのはきっと、パラグアイの試合を観戦することです。

 限られた時間の中、成功への可能性を0.01%でも積み上げられるよう努力を続けてください。応援しています。


| パラグアイ全般 | 16:10 | comments(0) | trackbacks(0)
3部リーグ開幕
パラグアイ3部リーグが開幕しました。

13チームが総当り2回戦で優勝を争います。
昇格、降格はともに2チームです。
3部は若年選手育成の場として活用されているため年齢枠があり
23才以上の選手は3人のみ出場可能です。

第1節の結果(3/31,4/1)
Resistencia 1-1 3 de Noviembre
Pilcomayo 1-0 Oriental
Colegiales 1-2 Sport Colombia
Tembetary 3-0 Ameliano
San Lorenzo 1-3 Independiente
River Plate 1-2 29 de Setiembre
休み 1 de Marzo

| パラグアイ全般 | 16:54 | comments(0) | trackbacks(0)
パラグアイ見聞
サッカープラネット島田です。
パラグアイ出張から帰国して早やひと月が経ちました。
記憶が完全に風化する前に、道中、滞在中に見たこと、感じたことを
書き留めたいと思います。

シャワー

今回は成田空港から出発したのですが、500円で利用できるシャワー室が設置されていました。
こいつは素晴らしい、経由地のトロントやサンパウロにもあれば、南米までのロングフライトの疲れを癒せるぞと期待したのですが、ありませんでした。

「いや、本当はあるよ!」といった情報をお持ちの方は、ぜひお知らせください。

もしくは有料使用の喫煙所をたくさん設けて、その収益をシャワー室設置に回して欲しいという運動に賛同されるかたは、その旨お知らせください。いっしょに頑張りましょう。



| パラグアイ全般 | 18:46 | comments(0) | trackbacks(0)
サッカー専門誌
 パラグアイには、国内で発行されているサッカー専門誌は無いようです。道ばたにあるキオスクや本屋でよく探したのですが、発見できませんでした。かわりに新聞のサッカー欄が充実しています。




 写真,魯僖薀哀▲い任脇睛禿に割と高級紙と言えるABC COLOR(アベセ・コロール)の2月27日(月)のものです。写真では判りづらいかもしれませんが、とても分厚く、60ページを越えます。日本の新聞とページ数で単純に比較するとほぼ2倍です。日曜だとさらにゴージャスで、100ページぐらいになります。気になるお値段は日曜版で6,000グアラニー、日本円で約120円と結構します。なお、平日は4,000グアラニー(約80円)です。

 さて、月曜には別冊のスポーツ欄が付いています(写真◆法これがまた30ページあり、25ページまでがサッカー関係です。あとは水泳、テニスの記事がちらほら。パラグアイのスポーツを相撲の番付で言うと、サッカーが横綱で、フットサルがひとつ飛んで関脇ぐらい。バレー、バスケなどは序二段ぐらいじゃないでしょうか。



 サッカーは週末に行なわれた国内リーグの試合から、スペイン、イタリアなどヨーロッパの記事、そしてワールドカップが押し迫るこの時期だけに、代表の話題で持ちきりです。

 パラグアイの雑誌ではありませんが、ブラジルのサッカー専門誌、プラカールはキオスクで売られていることがありました(写真)。



<了> 
 
| パラグアイ全般 | 19:02 | comments(0) | trackbacks(0)
サッカー雑誌
 Jリーグ2006開幕を明日に控え、ワールドカップイヤーの今年は例年以上にメディアや各チームとも盛り上がっているようです。

 そんななか、ふと気付いたのですが日本にはここ数年ですごい数のサッカー雑誌が登場したと思いませんか?サッカーを専門に扱う雑誌だけ、ふと頭に浮かんだだけでも

*サッカーダイジェスト
*サッカーマガジン
*サッカー批評
*J+
*ワールドサッカーマガジン
*ワールドサッカーグラフィック
*Goal
*サッカークリニック   

 などなど。

さらに最近では
*Football Life
*Star Soccer  
 なんていう独自の分野と視点からサッカーを見た新しい雑誌も出ています。

はてさて、ブラジルにはサッカー専門誌『Placar』しかありませんが(一応Lanceというのもあるにはある)パラグアイはそこんとこ、どうなんでしょうか?
南米では新聞の週末の付録のような形であることもあるかも知れませんね。

あ、それはもうすぐパラグアイ出張から帰ってくる島田さんに聞いてみましょう!
| パラグアイ全般 | 14:51 | comments(0) | -
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>


トライアウト
SOCCER PLANET 留学
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
PROFILE
RECENT COMMENT
LINKS
ARCHIVES
RECOMMEND
フランク・ライカールト―狂気を秘めた人格者
フランク・ライカールト―狂気を秘めた人格者 (JUGEMレビュー »)
サッカープラネット,山名 洋子,トニー・フリエロス
サッカープラネットにて翻訳監修いたしました。ライカールトの選手時代や監督時代のことが詳しく書かれた彼の魅力が一杯詰まった内容となっています。
RECOMMEND
僕たち「海外組」がホンネを話した本―フロンティア精神に学ぶ世界で勝つためのサッカー論
僕たち「海外組」がホンネを話した本―フロンティア精神に学ぶ世界で勝つためのサッカー論 (JUGEMレビュー »)

Jリーグと海外サッカーの両方の経験者である選手、指導者に、海外リーグの状況や当時の生活状況、育成方法、Jリーグとの違いなどについてインタビューした本。
廣山望と福田健二がサッカー文化の奥深さを語っています。
RECOMMEND
RUN
RUN (JUGEMレビュー »)
小宮良之
亡き母の遺書を胸に、サッカー選手となった福田健二。彼を支えたのは家族であった。海外で闘い続けるストライカーの迫真のノンフィクション。
RECOMMEND
ジーコジャパン 11のブラジル流方程式
ジーコジャパン 11のブラジル流方程式 (JUGEMレビュー »)
田崎 健太, PLACAR
ジーコ以外にもドゥンガやソクラテスらの最新インタビューも収録されています。
RECOMMEND
此処ではない、何処かへ―広山望の挑戦
此処ではない、何処かへ―広山望の挑戦 (JUGEMレビュー »)
田崎 健太
日本人として初めてリベルタドーレス杯に出場した廣山選手の紹介。パラグアイはセロ・ポルテーニョに所属し、その後も世界を渡り歩いた。